+ カテゴリ  + アーカイブ  + リンク  by ランピックトウキョー日本橋™
<< キョリピック100/四日市京都ラン(後編) | main | 6月21日(土)ヨルピックのお知らせ... >>

ランピックツアー32/ドキドキ縄文三千年

いよいよ最高のシーズン。皐月みどり。。


5月10日
品川駅をS&G、品川区一周してきました。(ご指摘の通り品川駅は港区、大森駅は大田区でございます)

まずは手始めに品川インターシティから八つ山橋を越え、北品川から旧東海道へ流入。
キョリピックでもお馴染みの東海道ですが、400年前の風景を随所に残す旧街道は、走り始めた途端に江戸時代にタイムスリップ。、ってのは言い過ぎですが、いにしえの懐かし風景があちこちに。。まあ昭和中期の雰囲気が残ってます。

街道沿いには神社仏閣も残り、会釈しながら進むと一際立派な参道が。。(ま、言われない限りは参道と思えないような道)
参道を進み、第一京浜を越えて、立ち塞がる品川神社の長い石段を登れば、そこに突如ミニ富士は現れます。
往時の富士信仰の如く全員で山頂を目指せば、街道沿いの光景とはまるで違う、鳥瞰図の如き街が広がります。。


手前に内海、遥か房総半島に手前の三浦半島、北に筑波山、西の富士山を擁する、一大パノラマ。。が、江戸時代は見えたことでしょう。
今では京急、第一京浜、右手に山手通り、手前はマンション、後方にもマンション群。。すっかり変化した平成パノラマでした。


東海道を進み、鈴が森から汐入池を戴く品川区民公園へ。
一頻りの水分補給を施し、今度は海沿いを離れて直角に内陸の大森海岸から大森駅方面へ。

大森駅ガードをくぐり、線路沿いを北に進めば、今度は大森貝塚の表記がちらほら。。
明治初頭にアメリカ人生物学者によって発見された、貝塚関連の史跡&オブジェが沿線に散らばります。

中でも遺跡庭園はなかなかの設えが特有の趣を発し、界隈を走る際のマストビューです。
小難しそうな遺跡イメージの公園ですが、豊かな自然と適度に充実した施設は家族連れを引き寄せ、小さな坊ちゃん嬢ちゃんに、ママ友をも引きつけています。

モース博士を取り囲んで記念撮影をパチり。。総勢7名のランピックツアー。
ボクちゃんも急遽フレームイン...

池上通りをそのまま進むと、続いて品川歴史博物館。
いつものランピックツアーだとこの手の有料施設はスルーするのですが、以前に入った際の好印象もあり、再びお邪魔してみました。やはり価値ある100円。。品川区のナイスな施設!

必ずやってしまう、縄文土器パズルが難しすぎる。。。。





三つ又から立会川の暗渠を進み、品川区役所を横目に走ると、「あのお店でパンが買いたいんですけど....、寄ってもらえますか?」とパン通の某女史からお腹の鳴るリクエスト。。
戸越銀座へ向かう前、しばしのおやつタイム。


お腹がすいてきた皆さんのリクエストもあって?緑豊かな戸越公園はスルーして、直接戸越銀座へゴー!
1.3kmに及ぶ巨大な商店街はなかなかの迫力で、更に胃袋を刺激してきますが、お昼まではもうちょっと我慢ガマン。。。

大崎インターシティから御殿山裏に進むと、最後の登り坂が立ち塞がります。
この登りを制すれば、ゆるやかな下り坂をぬるぬる転がり、いつしかゴール地点の品川駅前第一京浜にでます。
FRIENDLY、ロイヤルホスト、OUTBACK....と、何故かハンバーグやステーキ&フライ系が居並ぶここらを横目に、品川駅まで駆け下り、一旦は解散の挨拶。

挨拶もそこそこに頭の中は肉で一杯。。
そんな訳で、つばめグリルの名物「ハンブルグステーキ」を所望する私&皆さん。
フォイルを破るとボワっと湯気が炸裂し、お爺さんになって....しまわず、笑顔になっちゃうその瞬間。
美味しゅうございます。今日もごちそうさまでした〜

参加者6名。
4時間弱。推定走行距離15km。
晴れ/18〜25℃


●6月のランピックツアー(第二土曜日)は、日枝神社大祭と被るためにレギュラーツアーをお休みいたします。
その代わりに夕方スタートの「ヨルピック」を開催予定です。詳細は追って発表しますので、ランピックhpか、FBランピックをちょこちょこチェック!


 
JUGEMテーマ:お気軽ランニング

 
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
© ランピックトウキョー日本橋™