+ カテゴリ  + アーカイブ  + リンク  by ランピックトウキョー日本橋™
<< 実録/キョリピック500伊勢日本橋ラン〜その11 | main | 実録/キョリピック500伊勢日本橋ラン〜その13 >>

実録/キョリピック500伊勢日本橋ラン〜その12

10月13日(日曜日)


11日目/最終日


横浜の目覚め。。
睡眠面では問題無いカプセルだったが、ロビー的な場所にしかコンセントが無い為、さすがに夜中中そこに置いておくわけにもいかず、目が覚めて真っ先にしたのはスマホの充電だ。

カメラとビデオのバッテリーは半分程度だが、もうこれで勝負するしかない。
GPSやらツイートやら、優先順位を考えれば、スマホ最優先は揺るぎない。


GPS及び定位ソフトの複数稼動は、スマホのバッテリーを著しく消費させる。
機種はSONYのXperia(docomoXi/SO-04E/13年春モデル)で、GPSを稼動させ、RuntasiticやGoogleMap等の地図ソフトをアクティブにしていると、7:30の出発から13時の昼食時で60%程度にまで落ちている。

docomoとの契約で通話の出来ない仕切りにしているので、SNSの数度の仕様程度ならば、朝〜晩一日で30%程度のバッテリー消費で済む。
ところが、上記システムの稼動に加え、SNSの頻繁なアクセスにメールの送受信と、普通のスマホ使用と同時に、ビデオカメラの操作、その他電子機器すらも、スマホ経由でないと満足に機能しないほど、スマホ依存が高いため、今や中枢のポジションに上がっている。

このまま使用していると夕方あたりで電池切れとなり、累積データが途絶えてしまうので、昼食時には持参の充電用バッテリー(docomo/ポケットチャージャー02)から給電して、一旦100%に戻していた。

これで一日は充分に稼動してくれ、ホテルに入ればスマホ本体とバッテリー自体も同時に充電し、翌日に向けて回復させていた。その為に同梱のACアダプター04をもう一つ購入して持参していた。



そんな大切な充電のためだけに、1時間以上は殺風景なロビーで時間を潰した。
バッテリーが80%近くまで回復したので、いよいよチェックアウト。昨日のフロントと変わって、実に愛想の良い女性が応対してくれる。

昨夜の喧噪をうっすら残す、横浜福富町をゆっくりと歩いた。8時過ぎてもまだ開いているバーがチラホラ。。
そのまま食事もとらず、ゆっくりと港の方向へ歩く。

ゆっくりと時間調整が必要なのは、今日のスタート地点と決めている横浜ベイクォーターの開店時刻が11時であるため、それまではここらにいる必要がある。

赤レンガから横浜税関、再びみなとみらいへのろのろと歩きまわる。
実は朝食をとりたいのだが、めぼしいものもなく、彷徨うように歩き続ける。。まあ行く方面が間違っているのだが。。

恐らく10km近く歩いて、みなとみらいの某ビルのPRONTを発見し、ようやくパスタを腹に収めた。
間もなく11時になる。。ベイクォーターのあの場所へ急いだ。



キョリピックに向け、1年前から横浜行きのトレーニングを開始し、毎週末のように通ったこの場所。
私の横浜ゴールは、ベイクォーター5階のアクシス横のこのデッキだった。

最終日は必ず横浜をスタートにして、ここからいつもと逆方向に走り出すと決めていた。

さあ。これで思い残す事はない。
ゴールの日本橋へ、約束の午後4時目指して走るだけ!



一緒に走って下さるお三方と、白バイ先導役?の鳥安/渡辺さん。今日は皆さん日本橋筋。。


いつもは逆向きに走っている、日本橋〜横浜間だが、逆方向でも何も違和感は無い。
それだけ慣れ親しんだ道だ。

生麦からの東海道へのアクセスも、鶴見の中継所も、川崎のコンビニの位置も、六郷大橋のどちらを行けば良いかも、全て把握している。

多摩川を越えて、久しぶりに足を踏み入れる東京都も、いつものトレーニングロードと見えてか、あまり感慨は無いか...と思ったが、東京都の看板を見ると、間違いなく終焉が近づいている事を実感し、少しだけ特別な感じがした。

京急のガードをくぐり蒲田を過ぎると、徐々に個性的な町が増えてくる。
大森海岸から鈴ヶ森の東海道に復帰すれば、品川までの線路が続いているようだ。

途中での合流もあり、品川駅前では6名の集団に。いよいよ7kmを残すのみ。。
第一京浜は普通に走れるが、いよいよ時間との戦いを強いられ、些かへばり気味。。約束の4時に間にあうか。。

札の辻の交差点では、歩道橋を渡らせられるが、左手に東京タワーが見えるだけでなく、「銀座2km、日本橋4km」の具体的な距離表示がある。たったこれでお終いか。。



いよいよ銀座に辿り着く。
ここから合流する方も含め、7人のグループとなった。
日曜日の午後、銀座通りは歩行者天国で、思うように走れない。急ぐ必要も無いが、一応約束の時間も迫るので、なるべくそれに向けて走る。。

4丁目の信号で引っ掛かる。
和光の時計台は3時58分だ。
日本橋まであと2kmあるので、約束の時間には10分ほど遅れる事が決定したか。。

銀座から高速道路をくぐり、京橋、八重洲、そして、柳屋&コレドの日本橋交差点の赤信号でストップ。
4時9分。
最後の100mほどだが、オーバーペースでヘロヘロ。息づかいはもう死にそうな感じだ。。

喫茶東洋、キンコーズを通過し、ついに花の広場に差し掛かると、既に数名の歓待を受ける。年老いた両親も妙にはしゃいでいる。

日本橋の麒麟像を通過し、元標広場に差し掛かると、諸々お骨折り戴いた橋本会長を始め、なんとまあ、大勢の皆さんが出迎えて下さっている!!100名近い知人の顔ってのは、何とも素晴しい。ありがたい。感謝感激!!

この大歓迎を前に泣きそうになりかけたが、あまりの嬉しさ&楽しさに笑ってしまった!!



ゔぁあ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜楽しかった〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!




500kmを走り、途中やばいかなと思う時もありましたが、総じて楽しい毎日でした。
それなりの距離を走る毎日でしたが、後半はコツも掴めたのか、疲労も軽減して、まだまだ走れそうです。
このまま東北まで走って行けそうでーす!

なんて言ってたと思いますが、本当にハッピーな日々でした。


この後、乾杯を含め、元標広場で1時間ほどの盛り上がり。。
近くの居酒屋/豊年満腹にて、しばしの宴を楽しみ午後8時前に歩いて帰宅。

若干の興奮はあったろうが、意外なほど普通に帰宅し、郵便受けを整理し、少し事務をして午前1時頃就寝。。
前日の睡眠不足もあってか、9時過ぎまで熟睡できた。。



横浜11時出発〜日本橋16時到着
走行距離/31km

もう一日続きます。。
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
© ランピックトウキョー日本橋™