+ カテゴリ  + アーカイブ  + リンク  by ランピックトウキョー日本橋™
<< 実録/キョリピック500伊勢日本橋ラン〜その7 | main | 実録/キョリピック500伊勢日本橋ラン〜その9 >>

実録/キョリピック500伊勢日本橋ラン〜その8

10月9日(水曜日)

7日目。



中盤戦からいよいよ後半戦にさしかかる。
荷物の振り分けも要領を得て、着ているものをもう1セットだけ背負っていれば、洗濯の繰り返しで当面問題無いと思えるようになった。

東京到達まで、あと5日となった。。
今日を除いて晴天続きなので、今日の雨さえ凌ぎ切れば、余分な荷物は不要だ。
いらないモノはこれで東京へ送り返し、小さなバックパック一丁で5日間の勝負!

そして今朝も朝食がなかなか素晴しい。
地元名産のレシピで構成された朝飯は、充分に魅力的な蛋白質&炭水化物。さすが静岡県は水産モノが強い。
満足なエネルギー充填となった!

天気予報通り、行く先は暗雲垂れ込めているが、午前中にある程度距離を稼いでおこう。




毎晩、痛む脚を引きずるように、ヘロヘロでベッドに横たわり、「目が覚めて脚が痛くて起き上がれなかったらどうしよう...」そんな思いで寝付くのだが、ありがたい事に朝になると、いくらか回復している。

そしてリハビリの如く歩き始めると、徐々に関節がなめらかに稼動し始め、筋肉痛も少しづつ和らぐのだ。。

あ...どうやら今日も行けそうだ。。
そんな思いでスタートすることが出来る。そんな出発の連続だった。

振り返れば4〜5日めあたりが最も筋肉痛が激しく、寝ていても足首の角度を特定方向に付けると、即座につるようになっていた。

知り合いの先生に戴いた「N68」芍薬甘草湯(筋肉を痛みを和らげる薬)を何包か服用したが、効果があったのかどうか分からなかった。それくらいの筋肉痛だったし、むしろ副作用でかカユミが生じたので、服用を止めた。


「テーピングしてはどうか?」とか「マッサージに行ったらどうか?」など、アドバイスを戴くが、N68同様に普段していないことをするとろくな事が無いと思い、自分の経験値で判断出来ないものは、最初から外して考えた。

そしてどういう訳か、筋肉痛に苛まれていた下肢も徐々に痛みが弱まり、これ以後は、特にケアもせず走れた。
身体が順応したのか、あるいはそういう走法を会得したのか、少しづつ痛みが弱まり心配が薄れたのは確かだ。



藤枝の市街地を抜けると、青看板に「東京202km」の表示。
「東京」の文字が登場したのは、この時が初めてと思う。「東京」というのは、ズバリ「日本橋」のことだ。

500kmの内の200kmを来てしまったのか。。

岡部に差し掛かると、バイパスと旧道とで確実に意義が異なる。
バイパスは自動車専用道路の風情となり、歩道はぞんざいな扱いとなる。雑草はぼうぼうで、あまり歩行者を想定していない。

一方の旧道は、現存する「大旅籠柏屋」を中心に、江戸風情を残す観光地として、その価値を高めている。
ホントは午前中に距離を稼ぐつもりだったが、ついつい寄って〜話し込んで〜股旅の格好をして〜写真をパチリ。


完全に1時間以上の道草。。でも仕方ない。これがランピックの神髄だ。。
などと言い訳をつぶやくも、天気予報通り、お昼前から雨雲が覆い被さってきた。

雨雲を見て慌てて走り出したが、宇津ノ谷峠を目前にして大粒の雨がボツボツボツボツ。。

柏屋で充分な休憩をした直後だが、2kmほど進んだあたりで、仕方なく雨宿り。。

四方を雨雲に囲まれているのを見て、観念してカッパを着た。
いよいよ、今ツアーで初の本格雨ランだ。


避けるはずだった宇津ノ谷隧道だが、雨降る中の旧道も危険と思い、素直にトンネルを行くことにした。



トンネルを越えると、もっと雨脚が強まっている。
鞠子の町はお洒落に宿場町を演出していて、デザインされた施設が旅人を出迎えてくれる。

意を決して走り出したが、雷雨のような強い雨には這々の体だ。強い雨が落ち着くまで、ちょっと甘味でも戴くとしよう。。


雨の峠を走り、どうにか雨の峠もやり過ごしたか。。
安倍川を越え、静岡駅前に近づくと、一気に晴れ間が広がった。

雨が降れば小雨がありがたく、小雨が降れば曇りがありがたく、曇りであれば陽射しが嬉しい。。
これほどまでに雲の切れ間が嬉しいと感じた事も無かった。。


静岡で既に日が傾きつつあったが、今日の宿はまだまだ20kmも先。
気合いを入れ直して発射したいところだが、どうやらこれで腫れるであろう雲の動きを眺め、駅前でコーヒー一杯。。
カッパを脱いで、駅ビルで身繕い。
さてと...気合いを入れ直し、ようやく再スタートしたのは、午後5時前だ。



ここから先はマジメに走ったが、20kmの道のりはそれなり。。
ロードサイドの充実した国道1号を東進するが、なかなか目的地に近づかない。

1号も、やがてローカルな幹線道路に変化し、日暮れと共に一段と寂しい雰囲気。。
既に日没を迎えた清水を越え、目的地の興津の健康ランドまでもう一息。。

いよいよ海沿いの国道となってきた。何とも寂しい雰囲気だが、今日は久々に大浴場が待っている!
雨で冷えた身体を、思いっきり手足を伸ばせる!!

暗がりの海辺に浮かぶ、不夜城のような巨大健康ランド。
ようやく到着しました。。


バイクツーリングの時にもお世話になりますが、宿泊施設の付いた健康ランドって最高なんす。。
以前は宿泊出来る健康ランドは各地にあったけど、法改正があったのか、あるいは採算が合わないからか、現在では珍しい存在になってしまったいる。

何がどうあっても、まずはコインランドリーに一式投入し、洗濯スタート!
そして、久々の大浴場で手足伸ばしまくり。。即座に夕食を胃袋に入れ、洗濯物を回収し、バタンキュー。。



いよいよ終盤戦を迎えるにあたって、何となく旅のペースを掴んできたような感じ。
移動した距離ほどに疲労を感じなくなりつつあるし、筋肉痛も軽くなってきた。

でもこの油断が落とし穴だったりする。
久々にお風呂に入っちゃったり、リラックスしていいのか??
.....とりあえず明日も気を引き締めて行こう!



藤枝8:30出発〜興津20:00着
走行距離/43km
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
© ランピックトウキョー日本橋™